3月27日および28日の記事で、Google非認証端末やカスタムROMをインストールした端末での、Google Apps (Playストアをはじめとする基本的アプリ群)の使用がブロックされ始めたことと、このブロックを回避する方法について報告しました。本件に関して、XDA Developersがアップデートを掲載しています。

ざっくりいうと、ブロックを回避するためにGoogleに登録できるIDが、当初は1アカウントにつき100個までとされていましたが、この制限が撤廃されたということです。カスタムROMを頻繁にフラッシュする、というかたにとってはうれしいニュースですね。

また、登録するIDはAndroid IDだとか、いやIMEIを登録するんだとか、GSF IDでいいんだけど10進数字にしないといけないとか、少々混乱があったようですが、登録のためのサイトも更新されて(下図)、落ちついたように見えます。

非認証デバイスを登録するためのGoogleサイト

あらためて、端末が認証されているかどうかの確認方法と、認証されていない場合の対策方法についてまとめておきたいと思います。

端末認証の確認方法

Playストアを起動して、メニューから設定を選択します。一番下に端末の認証状態が表示されます。(下図)

Playストアでの端末認証状態表示

非認証の場合の対策方法

以下のいずれかを実施します。

参考文献

  1. Google Removes the 100 Device Registration Limit from the Uncertified Device Page, https://www.xda-developers.com/google-removes-100-device-registration-limit-uncertified-device-page/
  2. 端末の登録, https://www.google.com/android/uncertified/